PR

BGM・効果音

Cocos Code IDEとLua言語を使ったサンプルコードと例文集です。

BGMと効果音を再生する方法です。

BGM・効果音再生の例文

BGMの再生

BGMの再生はSimpleAudioEngineクラスのplayMusicメソッドを使います。

local bgmPath = cc.FileUtils:getInstance():fullPathForFilename("background.mp3") 
cc.SimpleAudioEngine:getInstance():playMusic(bgmPath, true)

trueをfalseにするとループしません。事前読み込みはcc.SimpleAudioEngine:getInstance():preloadMusic(bgmPath)で行います。

BGMの停止

BGMの停止はSimpleAudioEngineクラスのstopMusicメソッドを使います。

cc.SimpleAudioEngine:getInstance():stopMusic()

BGMのその他

BGMの事前読み込みはpreloadMusic(pszFilePath)を使います。 一時停止はpauseMusic()、再開はresumeMusic()、巻き戻しはrewindMusic()を使います。
isMusicPlaying()で再生中かどうかを判別します。
setMusicVolume(float)で0.0から1.0でボリュームを設定します。

効果音

効果音の事前読み込みはSimpleAudioEngineのpreloadEffectメソッドを使います。 効果音は事前に読み込まないで使用すると、再生までに若干の遅れが出て違和感を感じることがあります。

local effectPath = cc.FileUtils:getInstance():fullPathForFilename("effect.wav")
cc.SimpleAudioEngine:getInstance():preloadEffect(effectPath)

効果音の再生

効果音の再生はSimpleAudioEngineクラスのplayEffectメソッドを使います。

local effectID = cc.SimpleAudioEngine:getInstance():playEffect(effectPath)

effectIDは再生を停止する時に使います。

効果音の停止

効果音の停止はSimpleAudioEngineクラスのstopEffectメソッドを使います。

cc.SimpleAudioEngine:getInstance():stopEffect(effectID)

効果音のその他

効果音の一時停止はpauseEffect(effectID)、再開はresumeEffect(effectID)または、pauseAllEffects()、resumeAllEffects()を使います。
setEffectsVolume(float)で0.0から1.0でボリュームを設定します。

Copyright(C) 2014 - 2015 「Cocos Code IDEとLua言語でゲームを作る」逆引き辞典for Lua All rights Reserved.